SmallStyle


2011-11-11

_ Growl 1.3 をビルドしてインストールしてみた

Growl の 1.3 が自分でビルドできるということで,自宅の Mac ではすでに AppStore から購入していたけど,会社でも MBA を使うことになり,有料のアプリはいろいろと社内的な手続きが面倒なので,さっそくビルドしてインストールしてみた.

さて,http://code.google.com/p/growl/source/checkout からチェックアウト…と思ったら,hg という単語が.Mercurial は使ったことない.とりあえず Homebrew でなんとかならんかなぁ,と下記のように実行してみた.

$ brew search hg
git-hg	  sshguard

If you meant `hg' precisely:

Install Mercurial with pip:

    easy_install pip && pip install Mercurial

Or easy_install:

    easy_install Mercurial

なるほど,Mercurial って python で実装されてるんだ.easy_install は最初から利用できるみたいなので,書いてあるとおりに,Mercurial をインストールしてみる.

$ sudo easy_install Mercurial

特に問題なくインストールできたので,早速,ソースコードを取得する.その後,hgRevision.h を生成するために,generateHgRevision.sh を実行するわけだけど,事前に BUILT_PRODUCTS_DIR を設定しておく.

$ hg clone https://code.google.com/p/growl/
$ cd growl
$ export BUILT_PRODUCTS_DIR=.
$ ./generateHgRevision.sh

GrowlVersion.h 内の 7 行目を以下のように修正.

$ hg diff GrowlVersion.h
diff -r 193986cc6493 GrowlVersion.h
--- a/GrowlVersion.h	Mon Nov 07 10:48:13 2011 -0600
+++ b/GrowlVersion.h	Fri Nov 11 23:16:53 2011 +0900
@@ -4,7 +4,7 @@
 #define GROWL_VERSION 1.3
 #define GROWL_VERSION_STRING "1.3"
 
-#include "hgRevision.h"
+#include "include/hgRevision.h"
 
 #undef COMMENT_1
 #undef COMMENT_2

その後,Growl.xcodeproj から Xcode を起動して,ビルドターゲットを Growl.app にセットする.

ビルドのターゲット

Project の Growl と,Tagets の Growl.app の Code Signing Identity を "Don't Code Sign" に設定する. ProjectのCode Signing Identity

TargetsのCode Signing Identity

あとはビルドを実行して成功すると,Project Navigator の Products にある Growl.app を右クリックして Show in Finder で開いて,Growl.app をアプリケーションフォルダにコピーして完了.

ビルドの結果

と,最初のリンク先の通りに手順を進めていけば,これといった問題にぶちあたることもなくインストールまでできた.…が,何をやっているのかはよく理解できていないので,この辺は後日またお勉強だな.

Tags: Mac Xcode Growl

最近の日記